レディー

数多の問題を解決へ導くプロ集団|企業を継続させる為に税理士を活用

借金を整理

4人の女性

借金を整理する方法の一つに、時効の援用を活用するものがあるということを知っている人はいるでしょうか。借金には時効があり、この時効を過ぎ、時効の援用に関する手続きを完了させれば、いくら借金があったとしても返済義務を負うことがなくなるのです。借金の整理に関して悩みがある人は、行政書士や弁護士、司法書士に相談すると良いでしょう。

借金の時効は、相手が法人であった場合には5年となっています。大抵の人は、消費者金融などから借金をしていることと考えられますので、この期間が当てはまることでしょう。時効の援用が適用される条件はいくつかあります。何か一つでも条件をクリアすることができなければ、時効の援用が適用されないこととなってしまうため、専門家に相談しながら手続きを進めることをおすすめします。

借金の悩みはとても辛いものですよね。一人で悩んでいると、解決の糸口が見つからないばかりか、より悪い状況が頭をよぎることとなります。一人で考えてもどうにもならない状況に陥ってしまったときには、専門家のアドバイスを受けましょう。時効の援用の適用など、さまざまな解決方法が見つかり、気持ちを軽くすることができます。暗い気持ちのままだと、冷静な判断はできません。

時効の援用の活用は、心情的にもあまり気持ちの良いものではありません。しかし、借金でどうにもならなくなってしまったときには、時効の援用を活用するのも仕方のないものであると考えられます。